Bigpineranch BLOG

Bigpineranch BLOG

我が家のカレーライスの隠し味

昨日のご飯は「カレーライス」でした。家庭によって入れる具は様々だと思いますが、我が家では基本は豚肉で、たまに牛肉や鶏肉を使います。野菜もたくさん入れますが、夏場は傷みやすい「じゃがいも」を入れないようにしています。ゆずれないこだわりは、玉ねぎです。我が家は玉ねぎが大好きなので、3個入れます。入れすぎじゃないかと思うほど入れています。

 

みじん切りにすると、煮込んでいるうちに溶けてしまうので、全然問題ありません。たまに玉ねぎを入れていることがわかるように、ざく切りにする場合もあります。そして、我が家の隠し味は、「自家製鶏がらスープ」です。これは、いろいろな野菜と鶏がらを大なべに入れて、10時間くらい煮込んだものです。カレー用にタッパーに小分けにして冷凍にしておきます。タッパーは電子レンジがOKなものを使用しているので、とても使いやすいです。やっぱりこれを入れるとコクが違います。カレーは次の日からが美味しいですが、これを入れるとその日からでも美味しいですし、次の日は3倍も4倍も美味しいです。おすすめです。

孤独に生きよ、世界を持て

ヘンリー・ダーガーをご存知だろうか。
美術の教科書には載らないが、知っている人は知っているアウトサイダーアーティストだ。しかし、おそらくダーガー自身は自らを「芸術家」だと思ったことはなかったかもしれない。

 

彼は生前、自分の作品を誰にも見せなかった。
現存し一定の評価を得ている作品の全ては(絵画、小説など)彼の死後、頼まれていた遺品の整理をするために訪れた大家が部屋で発見した物だ。
この大家が芸術に何の関心もない人物であったなら、ダーガーの作品は孤独な老人の生前のいち趣味として廃棄され、日の目を見ることは決してなかっただろう。

 

ダーガーは一生を通して「非現実の王国で」と銘打った長編小説を執筆していた。物語の挿絵も自分で描いている。
彼は絵画の勉強をしたことはなく、小説の書き方を学んだこともなかったという。稚拙だがこだわりと執念を感じさせる線で描かれるメルヘンチックな美少女たちは確かに魅力を持つ。
なぜ、ダーガーは作品をどこにも発表せず、誰にも読ませなかったのだろう?そしてそれなのに50年以上も描き続けていたのだろうか。
彼は作品を見せるような友人を持っていなかったという事もある。家族とも縁遠く、施設で育った少年時代でも周囲の人間と上手くコミュニケーションは取れていなかったらしい。
また、おそらくダーガーは「見せるつもりで描いていたのではなかった」のだ。読者はダーガーただ一人。自分さえ満足ならばそれで彼はきっと幸せだったのだ。

 

ダーガーの生前住んでいたアパートの部屋。彼はそこで掃除夫としての仕事以外はほとんど外出せず、彼だけの世界を作り出し生きていた。
彼は病に倒れた際に、自分の部屋にある作品を捨ててくれるように望んでいたという。

 

人気ブログになりたい
http://campstreetcommunityministries.org/

 

栄養の少ないものが好物です

 

私はどうも栄養の少ないものばかり好きなような気がします。

 

だいたい炭水化物が好きなのです。

 

ご飯にも多少の栄養があるといいますが、それほど多くはないでしょう。玄米のまま食べれば、食物繊維をはじめいろいろな栄養素が詰まっている気がしますが、私は白米のほうが好きなのです。

 

玄米菜食の友人の影響を受けて、玄米ご飯を食べていた時期もあったのですが、玄米を自分用にだけ炊くのが面倒になってしまいました。家族は全員白米派で、玄米を食べてくれなかったからです。

 

ご飯だけではなく、食パン、うどんやそば、ラーメンやパスタなども好きです。

 

うどんの場合、月見うどんや天ぷらうどんにすれば多少の栄養はとれるとは思いますが、バランスがとれていないと思います。ラーメンなども同じですね。

 

そばにはルチンという栄養成分が入っていると聞くので、これは身体にいいのかもしれません。

 

パスタも、ぺペロンチーノなどにしてしまったら、唐辛子とニンニクぐらいですから、ほとんど栄養はとれない気がします。

 

だから、朝食がトースト、お昼が塩ラーメン、そして晩ご飯にカレーライスなどを食べた一日などは、栄養が偏ってしまいます。野菜をほとんどとらないからです。

 

人は年齢を重ねるほど食生活に気をつけるようになると思いますが、若いころはそんなことに無頓着ですから、朝食を抜いたり、お昼をおやつですませたり、おやつにハンバーガーを食べたり、乱れた食事をしてしまいがちです。

 

私も、バランスのとれた食事をとる必要があると思っています。

日曜日なのにお腹が痛くて

1週間のうちで一番の楽しみは日曜日です。

 

夫の会社は週休二日ですが日曜日しか休めないため、
日曜日だけ家族全員が揃うからです。
夫が赤ちゃんの世話の手伝いをしてくれて助かるというのもありますが。

 

朝は寝坊して起きて、ワッフルを焼いて食べるのが日曜日の定番です。
「今日はなにして過ごす?天気もいいからどこかへお出かけしない?」
という会話をして、ホームセンターへ買い出しに行く事にしました。

 

ところがワッフルを食べた後、急にお腹が痛くなりました。
トイレへ駆け込み、ピーです。
お腹が痛いのが止まないので、ベッドで横になる事にしました。
少し横になってから洗濯物を干すと、赤ちゃんが泣きだして
ミルクをあげているともう13時。

 

お腹がすいたので、お昼ごはんを作りました。
その後またお腹が痛くなりトイレへ駆け込みました。

 

トイレで体力を使い果たし、結局買い物は夫にお願いしました。
わたしは日曜日なのにどこも出かけられません。

 

先週の日曜日もお腹を壊していました。
これが習慣なるのはまずいです。

 

そんなに繊細なお腹ではないはず。
お腹が痛くなった原因を考えると、先週は忙しく
土曜日は赤ん坊を抱っこして数時間歩いていたためだと思います。
10kgの米をずっと抱えるのと同じなので、体に負担がかかっていたようです。
年齢も若くないし、無理しないようにしないとなぁと思うのでした。

 
 

ホーム サイトマップ